2006年07月26日

STARBREAKER/STARBREAKER

STARBREAKER.jpg
[2005]
「最高のハイトーン・ヴォイスに流麗なるギターワークが絡む!!」KINGさんのCDの帯は、まさにその通りの素敵なコメント付いてます。残念ながら、TNTを辞めてしまった元フロントマンのTony Harnellのプロジェクト。MIDNIGHT SUN、LAST TRIBEのギタリストで、その卓越したテクニックとソング・ライティングのセンスで注目されているMagnus Karlssonが参加の、このアルバムは、伝統的なメロディアス・ハードと、現代の研ぎ澄まされたメロディック・ハードの融合とも言えます。懐かしさと、斬新な感覚が絡み合っていて、聴けば聴くほどに良い♪。サビのメロディもキャッチーだが、Fabrizio V.Zee Grossiの深く、感情の奥底が感じられるほどの、味わい深いベースにも耳を傾けてほしい。

01 Die For You
02 Lies
03 Break My Bones
04 Crushed
05 Days Of Confusion
06 Transparent
07 Light At The End Of The World
08 Cradle To The Grave
09 Underneath A Falling Sky
10 Turn It Off
11 Dragonfly(Instrumental)
12 Save Youself
13 Days Of Confusion(Acoustic Version)
posted by LIZU at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21416056
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。