2006年07月29日

JORN/THE DUKE

JORN.jpg
[2006]
先頃、《MASTERPLAN》を脱退してしまった《Jorn Lande》のソロ4作目。一聴してすぐにわかる声質、そして圧倒的な声量と歌唱力。まさにシーン随一の逸材として名を馳せております。タイトル「公爵」の通り、威風堂々とし、自信に溢れ、パワフルでヘヴィなヴォーカルとサウンドは、時に叙情的であり、時に攻撃的であり、独特の空気感と重厚感の洪水そのもの。ドキドキするほどに「公爵」独特の危険でセクシーな魅力が詰まった、何ともメロディアスで素敵なアルバムでございます・・・。

01 We Brought The Angels Down
02 Blacksong
03 Stormcrow
04 End Of Time
05 Duke Of Love
06 Burning Chains
07 After The Dying
08 Midnight Madness
09 Are You Ready
10 Starfire
11 Noose(Bonus Track)
posted by LIZU at 08:50| Comment(1) | TrackBack(0) | HM/HR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Young Foreverがいい!

あっ!
これは、Out To Every Nationの1曲目だった

(;^_^A アセアセ・・・
Posted by at 2006年08月01日 16:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21580567
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。