2006年07月30日

URBAN TALE/URBAN TALE

URBAN TALE.jpg
[2001]
フィンランド出身で、《JOURNEY》のトリビュート企画から発展し、結成された《URBAN TALE》の1st。オープニング曲からJOURNEYを思わせる幻想的なサウンドに、思わず引き込まれますね。しかも、ヴォーカルのKimmo Blomの歌唱法やら声質は、《Steve Perry》のようです。5曲目のバラード曲、One Dayの出だしには完璧にシビレます(最近ではNORTHERN LIGHTのアルバムにも参加していますね)。プログレッシブな面もありながら、メロディアスなサウンドはとても心地良く、アレンジも1stとは思えないほど素晴らしい。

01 The Devil In Me
02 Passion Takes Over
03 Circus
04 King Of Hearts
05 One Day(I'll Make You Mine)
06 Runaway Train
07 Engine
08 Broken Chains
09 On The Edge
10 Doris Day
11 Water
12 House Of Blues
13 Hold On(Bonus Track)
posted by LIZU at 16:59| Comment(1) | TrackBack(0) | メロディアス・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お気に入り

01 The Devil In Me
Posted by シン at 2006年08月01日 11:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21660450
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。