2006年08月10日

MARK SPIRO/DEVOTION

MARK SPIRO.jpg
[1997]
ハスキーな声が魅力的なソング・ライター&キーボーディストのソロ作品。Dann Huffらが結成したGIANTの1枚目で共作者として数曲書いていますが、その他に《Mr.BIG》などにも提供しています。ギター以外のほとんどのパートを演奏し、ヴォーカルもとったセルフ・プロデュース。Markの最高傑作と言っていいほどの出来で、自然に体が動きそうな軽快なリズムと、ツボを押さえたエモーショナルなメロディ・ラインがクセになりますね。そこに、《Michael Thompson》、《Tim Pierce 》、《Dann Huff》らが、切れ味の良いメロディアスなギターを披露。

01 My Devotion
02 Rhythm Of You
03 The Rain Came Tumblin' Down
04 Time Keeps Ticking
05 Love Is War
06 Kiss The World Away
07 Sunset City
08 Better With A Broken Heart
09 Campbell River Road
10 Valdez
11 Don't Leave Me In Love
12 Guardian Angel
13 Desert Bloom
posted by LIZU at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | メロディアス・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22166662
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。