2006年08月15日

MASQUERADE/MASQUERADE

MASQUERADE.jpg
[1992]

アップ・テンポでキャッチーなメロディが印象的な、スウェーデン出身の4人組の1st。伸びやかなハイトーン・ヴォイスの《Tony Yoanson》と、爽快でメロディアスなギターを弾いている《Tomas G:son》が自らプロデュースと曲作りをしています。《TNT》を想起させる曲の流れがありますが、独自のメロディ・センスと緻密な整合感が、ガッツ・ポーズものです。スリリングさと切なさが曲に絶妙に織り込まれていて、ヴォーカルのハーモニーも聴きやすくスマート。引き込まれるほどの曲の良さと、エッジ感たっぷりのギター・サウンドが素晴らしい、クオリティの高いメロディアス・ハード・ロック作品。

01 Gimme All Your Love
02 Four Letter Words
03 Our Time Has Come
04 Sudden Love Affair
05 Ride With The Wind
06 Dawning Of The Day
07 Le Baugeux De Triomphe
08 Wild Child
09 Dancin' On The Edge
10 Liaison
11 Justice
12 All Night All Day
13 Give It A Shot
14 Lonely World
posted by LIZU at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メロディアス・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22284937
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。