2006年08月21日

STEVE PERRY/STREET TALK

STEVE PERRY.jpg
[1984]
《JOURNEY》の看板ヴォーカリストだった《Steve Perry》のソロ・アルバム。ハード感や煌びやかさではなく、JOURNEYでは聴けないようなソウルフルでAOR的な雰囲気。Randy Goodrumとの共作曲が多く、JOURNEYをよりマイルドにしたような軽めのポップ・サウンドです。今は別れてしまいましたが、当時の恋人シェリーへの思いを歌った「Oh Sherrie」が大ヒットしましたね。個人的に好きなのが哀愁メロウチューンの「Foolish Heart」。当時、繰り返し・・・繰り返し、聴いた名曲です。メロディアスなギターは《Michael Landou》♪

01 Oh Sherrie
02 I Believe
03 Go Away
04 Foolish Heart
05 It's Only Love
06 She's Mine
07 You Should Be Happy
08 Running Alone
09 Captured By The Moment
10 Strung Out
posted by LIZU at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 80’s ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。