2006年08月21日

RANDY GOODRUM/FOOL'S PARADISE

RANDY GOODRUM.jpg
[1982]
味わい深い、このジャケットに惹かれて、当時、いわゆるジャケ買いした人が多かったであろう事が想像出来る。コンポーザーとして数多くのヒットを生んでいる《Randy Goodrum》のソロ・アルバム。有名なところで《TOTO》の「I'll Be Over You」、《Michael McDonald》の「That's Why」、Steve Perryの「Oh Sherrie」など・・・。また、《STEELY DAN》のエンジニア《Elliot Scheiner》がプロデュースしただけあって、《Donald Fagen》に通じる本物の世界感が味わえる。ウェット感とドライ感がうまく調和しており、ウォーム感溢れる洒落た楽曲と、力みの入らない軽めのヴォーカルが実にツボにハマる・・・。バック陣も、ドラムスには《Jeff Porcaro》、ギターは《 Steve Khan》が参加していますが、まずは Randyの優しさと知性を兼ね添えたヴォーカルを聴いてほしいですね。まさに・・・大人の1枚。

01 We're So Close
02 One More Fool
03 Savin' It Up
04 Win Back Your Heart
05 Dues
06 One Step Ahead Of The Bad News
07 Second Chance At Love(Featuring Mary MacGregor)
08 Fool's Paradise
09 Time To Say I'm Sorry
10 Hellbent For Mexico
posted by LIZU at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 80’s AOR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。