2006年08月23日

TOKEN/PUNCH

TOKEN.jpg
[2004]
プログレッシヴ風味のスウェーデン発メロディアス・ハード・バンド《TOKEN》。新ヴォーカリストに《Mattias Ahlen》と、ドラマーに《STORMWIND》の《Patrick Johansson》を迎えての2nd。80年代的なキャッチーさとメロディを持ち、ニュー・メタルからの影響もあってか、ザクザクと刻まれるサウンドは、まさにモダンとヘヴィネスの異種融合。現代的なキーボードのアレンジも良く、バランスよくミックスされています。ギタリスト&プロデュースの《Johan Sjoberg》は、あのTommy Denanderとも交流が深く、前作「TOMORROWLAND」でも関わっていたようですね。しっかりとした北欧らしい叙情豊かなメロディーは、ハード&ヘヴィを軸に美旋律が折り重なっているようです。「Punch In」に始まり「Punch Out」で幕を閉じる、かなりゾクゾクする1枚です。

01 Punch In
02 Tear Down The Wall
03 Free I'm Gonna Roll
04 Can't Heal
05 Sometimes
06 Wake Up
07 Media Doll
08 Falling
09 Dreaming
10 On The Move
11 Save Me
12 Turn Back The Time
13 Punch Out
posted by LIZU at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | メロディアス・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。