2006年08月24日

ALIEN/ALIEN

ALIEN.jpg
[1988]
名盤と言われる《Jim Jidhed》が初代ヴォーカリストであった《ALIEN》の1stで国内盤。北欧らしい透明感と哀愁をたっぷり含んだメロディアス・ハード作品です。ハード&ポップのメロディが全体を通して、よいバランスで配置されており、Jim Jidhedの伸びやかなヴォーカルも素晴らしい。ギタリストの《Tony Borg》のプロジェクトとしてスタートしましたが、本作ではヴォーカルであるJimの脱退によって元々収録されていた4曲をカットし、後任のヴォーカリストPete Sandbergによる2曲の新曲に差し替えられています。哀愁メロディー派には欠かす事の出来ないアルバム。差し替える前の4曲もなかなか良い曲ですよ。

01 Tears Don't Put Out The Fire
02 Go Easy
03 I've Been Waiting
04 Jaime Remember
05 Feel My Love
06 Only One Woman
07 Brave New Love
08 The Air That I Breathe/Pete Sandberg
09 Touch My Fire
10 Now Love/Pete Sandberg
posted by LIZU at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メロディアス・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22737214
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。