2006年08月29日

URS/SOMEBODY NEW

URS.jpg
[2005]
AOR界で話題騒然、1000枚限定作品でございます。メロウなAORに、ついつい涙腺が緩む、スイスのソング・ライター&プロデューサー《Urs Wiesendanger》のアルバム。ゆったりと穏やかに流れていく中で恍惚とも言えるメロディの良さは本当驚きです。AORと言うよりも、アーバンなソウル系でヴォーカルは曲ごとにフューチャーされており、故《Warren Wiebe》を始め、《Michael Sembello》、《Bill Cantos》、《Jeff Pesceto》、《 Frank Adahl》などAOR界で錚々たる顔ぶれが、雰囲気のある素晴らしいヴォーカルを披露しています。壮大で、まるで某タバコメーカーのCMで流れてきそうな1曲目「Somebody New」の男女デュエット曲が特に好き。また、《Jay Graydon》や《Michael Landau》のギター・ソロがさりげなく曲を盛り上げたりしています。季節的に「秋の気配」が感じられる今日この頃、センチメンタルで透明感があり、包み込むほどの優しいメロディ&サウンド。

01 Somebody New/Courtney Blooding & Warren Wiebe
02 Your Love Was Special/Michael Sembello
03 Tell Me Where The Days Have Gone/Thierry Condor
04 The Final Reason Why/Bill Cantos
05 If Only For A Day/Frank Adahl
06 After We Make Love
07 Morning Light/Urs Wiesendanger
08 I Remember/Jeff Pescetto
09 If You Still Care For Me/Thierry Condor
10 Hold Me/Warren Wiebe
11 Somebody New(Jazzy Version)/Courtney Blooding & Warren Wiebe

posted by LIZU at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | OTHERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。