2006年10月17日

SPOKEN/LAST CHANCE TO BREATHE

SPOKEN.jpg sample
[2005]
1曲目でまず、やられました!(笑)。メロディアスで疾走感溢れるバンドを数多く輩出しているTooth&Nailより、クリスチャン・オルタナティヴ・ロック・バンドの2nd。いわゆるモダン・ロックなのですが、風を切るほどの疾走感とリズム感、そして何よりもサウンドのクオリティの高さ。結構、こういう系にハマったら抜け出せなくなるんですよね・・・しばらくはモダン・ロックの日々が続きそうです(笑)。多少、叫んじゃったりしてますが(気なる人は気になるかもしれませんが)、哀愁&切ない系のメロディが絶妙で、曲中にスピードとスローな部分を上手く使いわけ、「ツボ」を押さえたグッド・メロディが隠し味に使われています。ヴォーカルも良いですね♪トーンは高めなのですが、骨太のサウンドには最高です。リズム隊もギター陣もハイ・センスでダンサブル。沸々と湧き上がる感情を感じる、激動の1枚。

01 September
02 Wind In My Sails
03 Love In Return
04 Everything Is Burning
05 1992
06 Last Chance To Breathe
07 Bitter Taste
08 From The Inside
09 Home
10 4th Street
11 Time After Time
12 You're Still Waiting
posted by LIZU at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | EMO/PUNK/MODERN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24651535
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。