2006年10月06日

BOSTON/WALK ON

BOSTON.jpg
[1994]
前作の3rdアルバム「Third Stage」から、実に8年ぶりの4作目。BOSTONと言えば、その名を知らしめた名曲「More The A Feeling」が有名ですが、この作品では、バンドの核でありシンボルである《Tom Scholz》以外のオリジナル・メンバーは去っていまい、《Fran Cosmo》、Tommy Funderburk、《David Sikes》などのベテランを含む新顔が参加し、高音部に広がりのあるヴォーカルが素晴らしくなりました。曲の美しさと深さは変わらずに、よりギターが前面に押し出され、ヘヴィなハード&プログレッシヴなロックを展開しています。ご存知の事と思いますが、Tom Scholzと言えば、MIT(マサチューセッツ工科大)卒のエンジニアであり、ギターアンプのシミュレーター[ROCKMAN]の開発者。出た当時は「あのBOSTONの音がする」と人気を集め、Def Leppardなど数多くのアーティスト達にも愛用されている逸品。メンバー・チェンジやヴォーカルが変わっても、Tom Scholzがギターを弾けば、それは紛れも無くBOSTONのサウンドですし、とにかくギターの音色がいいですね♪。ドライヴ感やグルーヴ感に満ち溢れた「Surrender To Me」や「What's Your Name」や、ラヴ・ソング「Livin' For You」の爽やかなコーラスなどが特にお気に入りでした。いくつもの音を重ねた、その幻想的なサウンドは、普遍的な「BOSTONワールド」が展開されています。

01 I Need Your Love
02 Surrender To Me
03 Livin' For You
Walk On Medley
04 Walkin' At Night
05 Walk On
06 Get Organ-Ized
07 Walk On(Some More)

08 What's Your Name
09 Magdalene
10 We Can Make It
/span>
posted by LIZU at 10:10| Comment(5) | TrackBack(0) | 80’s ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
BOSTONは
やっぱり1stから3rdでしょ!
(;^_^A アセアセ・・・
Posted by シン at 2006年10月06日 20:19
こんばんは、こちらからもリンクさせて
頂きました。よろしくお願いいたします。

このアルバム、過小評価されていますが、
名盤だと思います。
サウンドプロダクションが半端じゃなく良い
ですし、メロディの充実度も高いですし、
プログレッシヴで聴き応えもあって、
大好きなアルバムです。
Posted by apriori at 2006年10月06日 22:55
こんにちは、シンさん。
4thも、なかなか良いですよぉ〜♪
そんな事、言わないで聴いて下さいよぉ〜♪

Posted by LIZU at 2006年10月07日 16:01
aprioriさん、こんにちは。
リンクの件、ありがとうございます。
BOSTONの中では、サウンドが良くて、一番好きなアルバムです。同じ「名盤」と言って頂けて嬉しいです。
Posted by LIZU at 2006年10月07日 16:11
当然聴きましたよ!

でも、これと言うキラーチェーンが・・・
(>o<")

I Need Your Loveは好きかな
(*^.^*)
Posted by シン at 2006年10月07日 18:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。