2007年02月20日

WINGER/W

Winger.jpg sample
[2006]
長い空白から目覚めたかのようなオープニングが印象的だ。
深く重々しい空気に、ゆっくりと押し寄せてくるサウンドの波、波、波・・・。
色彩豊かなセンスに洗練されたアレンジが加えられ、重厚な中に「浮遊感」と「開放感」を感じる。もはや、プログレッシヴ・ロック。

アリス・クーパーのバンドのメンバーとして活動していた《Kip Winger》、《Reb Beachi》 の、実に13年ぶりとなるアメリカン・ハード・ロック・バンド《WINGER》の4枚目作品。より深みを増したKip Wingerのヴォーカルと、Reb Beachiの流れるような華麗なタッピングの連続技に、「さすが!」とうなってしまいます。「アコースティック」な部分が加わり「モダン」で「プログレッシヴ」な世界観が描かれたスゴイ作品。クセになりそうな浮遊感と躍動感に満ちた「Four Leaf Clover」、ドライヴ感&キャッチーな「Your Great Escape」などのWINGERならではのサウンドに加え、「初期のスタイル」や「プログレッシヴな要素」を彷彿とさせるような方向性を生み出したという今作品達。新たな音楽性や、複雑なコード進行が加わったことで、「音楽の道」がまた開拓されたのは間違いないはず。
個人的に、重々しさの中に開放感が共存する「Generica」での《Rod Morgenstein》のグルーヴ感にあふれたドラミングに圧倒されたLIZUです。思わず、思い出して《DIXIE DREGS》を引っ張り出して聴いちゃいました(笑)。

01 Right Up Ahead
02 Blue Suede Shoes
03 Four Leaf Clover
04 M16
05 Your Great Escape
06 Disappear
07 On A Day Like Today
08 Livin' Just To Die
09 Short Flight To Mexico
10 Generica
11 Can't Take It Back
12 Blue Suede Shoes(Acoustic)[Bonus Track]
posted by LIZU at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | HM/HR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。