2007年01月20日

SHERWOOD BALL n' CHAIN/WHITE LIGHT

White Light.jpg
[1995]
「なんですと?!《Sherwood Ball》がヴォーカルのニュー・プロジェクト?!」。
あのスウェーデンが誇るメロディアス・ハード・バンド《GRAND ILLUSION》が残念ながら解散してしまい、その中心人物である《Anders Rydholm》の新バンド《CODE》が、いよいよデビュー。そのヴォーカルであるSherwoodの名前を目にして、「おお〜!スゴイ!」と叫んだのは、私だけでは無いと思います(笑)。私が彼を知ったのは、Jay Graydonのアルバム「AIRPLAY FOR THE PLANET」に収録されていた3曲でした。すでに90年代、ヴォーカリスト、ソングライター、ギタリストとして才能を発揮し、海外はもとより、日本でもCM曲(ビールなど)を唄ったり、ミュージシャンに楽曲を提供するなど活躍されておりました。このアルバムは彼のソロ・デヴュー作品。いかにも西海岸系のスタジオ・ミュージシャンによって作られたというサウンドで、「クリア」で「洗練」された印象が強く、メロディもポップでキャッチー♪。そこにSheawoodのハスキーでソウルフルなヴォーカルが非常に良く映えております。しかも、パワフルで表現力が豊か。《CODE》では熟練された歌声で、また私達を魅了してくれることを期待しています。

01 Say That You Love Me
02 Insincere
03 Garden Of Desire
04 Baby, Bye Bye
05 Can't Get Enough
06 Trouble
07 Piece Of My Heart
08 Imagine It's Me
09 One Day To Love You
10 White Light
posted by LIZU at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | AOR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。