2007年01月19日

AIRPLAY/AIRPLAY

Airplay.jpg
[1980]
久しぶりに80年代のAOR作品を1枚。それにしても・・・ずいぶんと時代を感じさせるジャケ!(笑)これまた私の中では欠かせない作品、邦題「ロマンティック」であります♪。当時プロデューサーとしても活躍中の《David Foster》と、同じくプロデューサーとして頭角を現した《Jay Graydon》が結成したユニットで、「ワン&オンリー」のアルバム。初期のTOTOをさらに洗練させたようなサウンドで、メロウ&ソウルな雰囲気が、当時中学生だった私に「これが大人の音楽というものなんだ」と、心の深く刻み込んだものです。二人の音楽性やテクニックをフルに活かし、当時の最先端と言われた斬新なアレンジがすべて収められています。また、AIRPLAYを語る時に忘れてはならないのが、1曲目の「Stranded」を聴いてお分かりだと思いますが、ハイ・トーン・ヴォイスのシンガーTommy Funderburk。レコーディングが思った以上にハードなため、もう一人キーの高いヴォーカリストを起用することになり、無名の大型新人として発掘されたのは有名な話ですね。心地よいまでの洗練されたキーボードとギターとの絡みは、今聴いても爽快です。

01 Straded
02 Cryin' All Night
03 It Will Be Alright
04 Nothin' You Can Do About It
05 Should We Carry On
06 Leave Me Alone
07 Sweet Body
08 Bix
09 She Waits For Me
10 After The Love Is Gone

posted by LIZU at 11:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 80’s AOR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
LIZUさん、こんにちは。
きましたねえ、AIRPLAY。私にとっても大切な一枚です。Book ○○fなんかに安価でおちていると思わず救出したくなる(笑)、一時期は5枚ぐらい持っていた時期もありました、そんなアルバムです。初期のTOTO好きの私としてはたまらない一品です。最近、この手の音を聴くことが多いので思わずうなってしましました♪♪(笑)
Posted by oracchi at 2007年01月20日 09:34
oracchiさん、こんにちは♪
やはり、外せないアルバムなので載せてみました。「TOTO」の出現で、スタジオ・ミュージシャンが脚光を浴び、ルカサーが、ポーカロが参加しているなら何でも聴いた時代でもあります。このアルバムはそう言った意味もありますが、私がその後、ブラコンやジャズ・フュージョンを聴くキッカケにもなった作品でもありますね♪
Posted by LIZU at 2007年01月20日 14:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。