2007年01月30日

SAND&GOLD/REMEMBER MY NAME

sand&gold.jpg
[1997]
魅力のあるシンガーが数多くいる中で、本当にうっとりするような熟成した声を持つ一人Pete Sandberg。北欧の《MADISON》、ALIEN、《SNAKE CHARMER》、MIDNIGHT SUNなどのヴォーカリストとして活躍し、さらには彼のバンドJADEなど、そのピュアで透明感溢れる歌声を披露。そのPeteがMIDNIGHT SUN、REINGOLDの《Jonas Reingold》と共に作られたプロジェクト。アコースティックなサウンドがメインのソフト・ロックで、今までの彼らのイメージとは一転して、スロー・テンポやカントリー調などの楽曲も並びますが、爽快でエモーショナルな、Peteのシンガーとしての魅力が堪能できる1枚でもあります。アップテンポなリズムに爽やかなギター・サウンドに引き込まれる「Sha Na Na」はオープニングにふさわしく軽快で心が晴れやかな気分になります。全体に派手さは無いものの、北欧の澄み切った空気や「凛」とした雰囲気が伝わってくるクリアなプロダクションはお見事。特にラストのバラードは、美しいピアノとストリングスにPeteの最大の魅力であり代名詞である「ハートフル・ヴォイス」が心に沁みます。シンプルなサウンドに良質なメロディ&コーラス・ライン、まさに大人のAOR作品♪。
また、北欧のギター職人Johan Glossner(RAINGOLD)がメロディアスなギターを披露しております。彼の名前が出たところで、横道それてしまいますが、Goran Edmanがヴォーカルのプログレ・バンドの《KARMAKANIC》のメンバーであり、Sofia Loellや《CHARIZMA》なども手がけており、記憶に新しいところで《GRAND ILLUSION》の「Between Dark And Dawn」でギター・ソロを聴かせてくれていますね。

01 Sha Na Na
02 Remember My Name
03 Fishermans Creek
04 When The Hammer Falls
05 The Place
06 Brooklyn Town
07 Never Walk Alone
08 Patricia
09 Back On The Rord
10 Seaching
11 Slow It Down
12 Crossroads
posted by LIZU at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | AOR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32395449
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。