2007年02月10日

QUIETDRIVE/WHEN ALL THAT'S LEFT IS YOU

Quietdrive.jpg official site sample
[2006]
ある種の、「切なさ」「儚さ」が感じられるメロディが私は好きだ。
「耳」で聴くと言うよりも、胸の奥に存在する「心の耳」が強烈に反応した1枚。

ミネアポリス出身のエモ系メロディック・バンドのデヴュー・アルバム。このアルバムで一番好きな曲「The Season」を始め、ツボをついたメロディ・センスはキラキラと煌めきを放っている。骨太なロックとは異なる「優しげ」で「柔らか」な色彩をかもし出しながらも、「清涼飲料」のようなピリッと感と風を切る疾走感が、30分という短い時間の中に色濃く詰まっている。

あなたは、初めて胸が熱くなった瞬間を覚えていますか?
そして、初めて胸がキュンとした瞬間を覚えていますか?

01 Rise From The Ashes
02 Get Up
03 Take A Drink
04 Let Me Go In
05 Rush Together
06 Maybe Misery
07 I Lie Awake
08 The Season
09 Time After Time
10 Both Ways
posted by LIZU at 08:18| Comment(3) | TrackBack(0) | EMO/PUNK/MODERN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
LIZUさん、こんにちは♪
シンディー・ローパーのTIME AFTER TIMEのカヴァーもしっくりとしているし、切なさを湛えたアルペジオにわくわくするようなメロディラインの乗る名曲RUSH TOGETHERは入ってるは、とてもオススメのアルバムですよね。アルペジオの音を作る際、どんな音(もしくはコード)を選択するかでがらっと雰囲気が変わる・・そんなことを考えさせられたアルバムでした。大好きです。
Posted by oracchi at 2007年02月10日 12:57
oarachiさん、こんにちは♪
「RUSH TOGETHER」良い曲ですよね。
メロディアスというのは、こういうのを言うのですよね。少しずつ、音と音とが重なり合い、最後には壮大な美旋律とコーラスが待っている・・・。他の曲も多彩なアレンジが施されていますね。コーラス・ワークも意表をつくメロディだったり、ステキなバンドです☆
Posted by LIZU at 2007年02月10日 15:47
oracchiさん、お名前、間違えてしまいました。大変、失礼いたしました。
Posted by LIZU at 2007年02月10日 21:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33329680
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。