2007年04月03日

FALL OUT BOY/INFINITY ON HIGH

Infinity On High.jpg website myspace
[2007]
どこまで進化し続けるのだろう・・・今作のバラエティに富んだ作品を聴いて驚きを隠しきれない。
シカゴ出身のポップ・パンク・バンドの通産3枚目。「パンク・ロック」という枠から飛び出したのか、あるいは新たな要素を取り入れたというか、今まで彼らに抱いていたイメージを良い意味で覆された(笑)。プロデューサーは前作に続きニール・アヴロンが担当。また今回はベイビー・フェイスを迎える曲もあり、R&Bのティストを感じさせてくれているが、これが以外にもシックリきたりするのだ♪。しかしながら、どんなに様々なティストを含んだにしても、彼らの「らしさ」は決して変わっていない。看板ヴォーカルのPatrickの、裏声交じりのメロウな歌声はより磨きをかけ、どんどん引き込まれてしまう。例え、どんな曲調を唄ったとしても「らしさ」は失われることも負けることもない・・・魅力的な歌声だ。また、ドラマティックなピアノ、ギターも重厚になり、ドラムやベースもより存在感が強くなり、「爽やかさ」と「高揚感」に満ち溢れています。切ない哀愁メロディとグルーヴ感が一体となって、最高の刺激をタップリと聴かせてくれる1枚。

01 Thriller
02 “The Take Over, The Breaks Over”
03 This Ain't A Scene, It's An Arms Race
04 I'm Like A Lawyer With The Way I'm Always Trying Go Get You Off(Me+You)
05 Hum Hallejujah
06 Golden
07 Thnks Fr Th Mmrs
08 Don't You Know Who I Think I Am?
09 The (After) Life Of The Party
10 The Carpal Tunnel Of Love
11 Bang The Doldrums
12 Fame
posted by LIZU at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | EMO/PUNK/MODERN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。