2007年04月18日

FASTLANE/OVERDRIVE

Fastlane.jpg website myspace
[2006]
皆さま、おひさしぶりでございます。
目まぐるしい日々が続き、ようやく更新できます。
さて、本日ご紹介の1枚♪

UK出身のメロディック・ポップ・パンク・バンド《FASTLANE》の2nd。
デヴュー・アルバム「New Start」が大ヒットを飛ばし、それまでUS中心であったメロディック・シーンに大きな衝撃を与え、前作に見られたエモ・メロやスクリーモが薄れ、荒削りな部分はあるものの、どこを切ってもメロディーの洪水が押し寄せる。ラウド・ミュージックに基礎を置いているというが・・・相変わらずのパワフルでドライヴィンな演奏に彼らの最大の武器である「ソリッドなツイン・ギター」と対極的な「ラフで細めのヴォーカル」が絡み合い、独自のスタイルが確立された感じです。オープニングの「Motion」はメロディアス・ハード・ポップ?なんて思わせるほどの疾走感とハード感がほどよくミックスされたキャッチーな曲。かと思えば続く「Let This Go」では切ないエモのメロディーを軸とし一転して聴かせる激しさとの落差がたまらない。メロディアスなツイン・ギターから、これまた一転してキャッチーなサビに引き寄せられる「Sunset At Seventeen」や、軽快で爽やかな「The System」から北欧のメロディアス・ハードの香りがプンプンだったり(笑)、ツボをつくGoodメロディーがこの新作に凝縮されてます。1曲ごとに紹介したらキリがないくらい、抜群のメロディー・センスと厚みのあるサウンド、そして心地よいまでのギター・ソロなど、エモ・パンクとメロディアス・ハードがどちらも好きっていう人にはオススメかも♪♪♪

01 Motion
02 Let This Go
03 Sunset At Seventeen
04 The System
05 Uninvited Feeling
06 16 Hours
07 Hear Me Out
08 Walk Away
09 As We Climb
10 Burn Your Actions
11 Enmity
12 Never Lost Till Now[Bonus Track]
13 Play This Out[Bonus Track]
posted by LIZU at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | EMO/PUNK/MODERN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。