2007年04月28日

TWINBALL/SLAVE

Twinball.jpg website myspace
[2007]
伝統的ハード・ロックを継承するスウェーデン産のメロディアス・ハード・ロック・バンド《TWINBALL》。ここ最近、伝統的なクラシック・ハード・ロックを受け継ぐ若い新人バンドが多い。取り分けその中でも《GLYDER》や《THE ANSWER》などが代表されるように、どこか懐かしさを感じさせながらも、逆にそれが斬新にも聴こえたりするのだ。今日、紹介するTWINBALLは、《TWIN LIZZY》やサザン・ロックなどにも通じる骨太なツイン・ギターを活かし、ロックとメタル、そしてポップさを融合したスタイル。曲も哀愁感とキャッチーなメロディをあわせ持ったモダンな楽曲ばかり♪。オープニング曲「Freak Of Nature」のエネルギー溢れる躍動感にまずはガッツ・ポーズです(笑)。続く「Never Alive」の哀愁に満ちたヴォーカルから、一転しての強い情感やキャッチーなサビに引き込まれてしまいました。アコーステックな作品もメロディの良さが伝わり、心地よい空気がどこかしら吹いてくるような感覚にさえなります。比較的どの曲にも言えることですが、穏やかなイントロから突如空気が変わる曲構成に「あらら!こうきたか♪(笑)」みたいな感じは、このバンドのスタイルなんでしょうね。「Mockingbird」の叙情的ながらもキャッチーなメロディも良いし、パワーなギター・リフがカッコイイ「Blind My Eyes」も良い♪。
しばらく私のドライヴの友であることは間違いない1枚。

01 Freak Of Nature
02 Never Alive
03 Heroes
04 Slave
05 Rain
06 Puppets
07 Faces
08 Mockingbird
09 Burn
10 Sorrow
11 Blind My Eyes
12 Promises[Bonus Track]
posted by LIZU at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | メロディアス・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40233476
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。