2007年05月28日

ELLIOTT YAMIN/ELLIOTT YAMIN

Elliott Yamin.jpg myspace
[2007]
本日紹介するのは、ロックでもなく、ポップスでもない。
ソウルフルで抜群の歌唱力とセンスを兼ね添え、「アメリカン・アイドル」第5シリーズのTOP3に残った《Elliott Yamin》のデヴュー・アルバム。
ソウルにありがちな「しっとり」、「しつこさ」は無く、爽快で少し乾いた歌声は、何とも心地良く魅力的♪
片方の耳に聴力障害を抱えつつ、特別なボイストレーニングを受けたこともない彼の歌声は番組放映中も聴く人の心を揺さぶるものがあった。
スティービー・ワンダーやダニー・ハザウェイを尊敬しているというElliott。
このアルバム自体に、特別なアレンジがあるわけでもない。
けれど、そのシンプルなメロディに、心を込めた彼の声が活き活きと伝わってくるのがわかる。
そう、彼自体の歌声が「メロディアス」なのである。
才能が本物であると同時に、これからが大いに楽しみでもある1枚。
posted by LIZU at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の1枚♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。