2007年06月03日

DECYFER DOWN/END OF GREY

Decyfer Down.jpg myspace
[2006]
ようやく昨日あたりから、晴天の青空が広がっています。
本日の1枚は、ノースカロライナ出身のクリスチャン・オルタナティヴ・ロック・バンド《DECYFER DOWN》。
とにかく、私のストライク・ゾーンにストレートで決まった1枚。
骨太なアメリカン・ロックをベースに、切なさと激しさが寄り添うように1曲、1曲大切に作り上げているのがわかる。
ハイ・クオリティなサウンドと、ツボを突くメロディ・ライン、センスの良さが格段に光っています。
エモーショナルでグルーヴ感漂うヴォーカルと、超クールなサウンドは、思わずその場の情景や雰囲気まで変えてしまう凄い空気感を持っています。
溜息が出るくらいカッコイイ♪。
posted by LIZU at 16:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の1枚♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
LIZUさん、今晩は♪
「溜息が出るくらいカッコイイ♪」おしゃるとおりですね。私もこのバンドは大好きです。密かに2006年度オルタナティヴ・ロック・バンドのなかでは、1位、2位を争うバンドかと思っております。その中でも収録曲”Burn Back The Sun ”は、切なさの中に激情が織り込まれた絶品!もう一度、このアルバム聞き直しますね!
Posted by TOM at 2007年06月04日 22:31
TOMさん、こんばんは☆
”Burn Back The Sun ”
私も大好きな曲です!
流れるようなメロディ・ラインから
大盛り上がりの美しいサビ・メロ♪
何度も、何度もくりかえして聴きました。
切ないのに力強さが後から込み上げてくる・・・
実は、この曲に「溜息」が出たのですよ。
本当に「絶品!」です。
Posted by LIZU at 2007年06月05日 21:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。