2006年07月19日

HUGO/FIRE IN THE NIGHT

HUGO.jpg
[2004]
最もSteve Perryに近いと言われた男・・・とAVALONさんの帯にありますが、顔も似ていると歌い方まで似るのでしょうか?1990年に《VALENTINE》でデヴューした後、なかなか表には出てきませんでしたが、Street Talkがリリースした3rd作、RESTORATIONでは、2曲のリード・ヴォーカルを披露。叙情的であり、美旋律が溢れ出る、このアルバムはソロとして3枚目にあたります。キャッチーでメロディアスなサウンドと、Hugoのしなやかなヴォーカルは、柔らかで温かい。

01 Hand In Hand
02 It's The Love
03 Plelude 4Ever Endeavor
04 Fire In The Night
05 I'll Learn To Live Without You
06 Dawn
07 Just So You Know
08 (Don't Wanna)Say Goodbye Tonight
09 Every Time You Walk Away
10 Just To Be With You Tonight
11 Hold Me
posted by LIZU at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | メロディアス・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

ECLIPSE/THE TRUTH AND A LITTLE MORE

ECLIPSE.jpg
[2001]
北欧らしい透明感と、哀愁あるメロディもありながらキレの良いハード・ロックを聴かせてくれる1st。童顔なのでしょうか?(関係ないですね・・・)ヴォーカルのErik Martenssonの音楽性と歌唱力は、その風貌からは想像出来ないほど素晴らしい。ヘヴィな楽曲でもサビになると爽快感あふれるフレッシュなメロディが広がっていく。爽やかな空気と澄み切った青空・・・さえ思い浮かべてしまいます。ハーモニーも心地よく、まさにメロディアス♪

01 Midnight Train
02 The Truth
03 The Only One
04 Message Of Love
05 I Believe In You
06 I Thought I Had It All
07 The Way I Feel
08 Songs Of Yesterday
09 A Little More
10 Too Far
11 How Many Times
12 I Won't Hide
posted by LIZU at 15:15| Comment(1) | TrackBack(0) | メロディアス・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

SPIN GALLERY/STANDING TALL

SPIN GALLERY.jpg
[2004]
またもや、Tommy DenanderのAORプロジェクトのひとつ。
今回はヴォーカルが3人ですが、その中にはTALK OF THE TOWNのKristoffer Lagerstromもいます。打ち込みをベースとしたタイトなサウンドに、親しみやすいメロディを乗せて、ハード風味に味付けされた感じ。メロディアス・ハードと言うよりは、北欧ポップ・ミュージックですが、哀愁感あるメロディは、しっかりありますよ。バラエティに富んだ楽曲と3人のコーラス・ワークが非常に美しいです。

01 Standing Tall
02 Heartache
03 My Heart
04 Satisfied
05 No Looking Back
06 Grace
07 Living Without Loving
08 I Still Recall
09 Am I Wrong
10 Need To Be Free
11 Waiting In My Dreams
12 Hands Of Heaven(Bonus Track)
13 To Hell And Back
14 Trail Full Of Tears(Bonus Track)
posted by LIZU at 15:25| Comment(3) | TrackBack(0) | メロディアス・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TALK OF THE TOWN/THE WAYS OF THE WORLD

TALK OF THE TOWN.jpg
[2000]
Tommy Denanderのプロジェクト《TALK OF THE TOWN》。
前作のアルバムと同じく、北欧の美声ヴォーカリストThomas Vikstromが参加していますが、他にも《RAINMAKER》のGeir RonningSPIN GALLERYKristoffer Lagerstromがカッコイイ歌声を披露しています。このKristofferとTommyとは旧友の間柄であるだけに、これまでもTommyのプロデュース関連作品には多数関わっています。まさにTommyの影にKristofferあり!といった感じ。
それと、ギタリストのAntonio Saluenaも前作同様、ギター&ソングライティングで参加しています。最近は北欧AORで活躍のJan Johansenとお仕事しています。ちなみにJanも、このアルバムに曲を提供していました。
良質のメロディアス・ハード・ポップです。

01 The Rich Get Richer-Thomas Vikstrom
02 Mainstream-Kristoffer Lagerstrom
03 Night Of Fire-Thomas Vikstrom
04 A Life So Frail-Geir Ronning
05 The Ways Of The World-Kristoffer Lagerstrom
06 Do Nothing-Thomas Vokstrom
07 A Matter Of The Heart-Kristoffer Lagerstrom
08 With A Little Love-Kristoffer Lagerstrom
09 All That You're Good For-Thomas Vikstrom & Kristoffer Lagerstrom
10 Remember-Thomas Vikstrom & Kristoffer Lagerstrom
11 Nothing Lasts Forever-Kristoffer Lagerstrom
12 I Believe
13 Love Is All Gone
posted by LIZU at 12:56| Comment(1) | TrackBack(0) | メロディアス・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PHILIP BARDOWELL/IN THE CUT

PHILIP BARDOWELL.jpg
[2005]
『メロディアス・ハードを歌うために生まれてきた男!!』・・・とKINGさんのCDの帯に書かれております。《UNRULY CHILD》のシンガーとして2003年のアルバムに参加し、ソウルフルなパワフル・ヴォイスを披露。そんな彼のソロ名義によるアルバム。プロデューサー兼ギター、キーボード、ソングライターと1人4役をこなすTommy Denanderの他、《TEARS OF ANGER》のドラマーのDaniel Floresも参加しています。ソングライター陣もStan Bush、Jim Peterik、Mark Spiro等と豪華です。強力なバック陣がつこうと、決して希薄にならない、エモーショナルで円熟味に満ちたヴォーカルは素晴らしい。

01 In The Cut
02 Through My Eyes
03 Heart Of A Hero
04 I Gotta Believe
05 She Will Never Know
06 Never Too Late For Love
07 It's A Long Road
08 One Day In January
09 Dreamin' With My Eyes Wide Open
10 Voices of the Heart
11 It's A Long Road(Remixed)
posted by LIZU at 06:48| Comment(1) | TrackBack(0) | メロディアス・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

GIANT/LAST OF THE RUNAWAYS

giant.jpg
[1989]
オープニングのI'm A Believer、ゾクゾクしますね♪
その昔、AOR系のCCMバンド《WHITE HEART》の中心人物、凄腕ギタリストとも言われた《DANN HUFF》が率いるGIANTの1st。曲それぞれの持ち味を、大切にしながらのギター・プレイの聴かせ所が絶妙にカッコイイ!それに、歌の上手さも素晴らしい限りです。

01 I'm A Believer
02 Innocent Days
03 I Can't Get Close Enough
04 I'll See You In My Dreams
05 No Way Out
06 Shake Me Up
07 It Takes Two
08 Stranger To Me
09 Hold Back The Night
10 Love Welcome Home
11 The Big Pitch
posted by LIZU at 09:59| Comment(1) | TrackBack(0) | メロディアス・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

SAYIT/LOUDER

SAYIT.jpg
[2003]
スウェーデンのギタリスト、SAYITの3rd。
Tommy Denanderのプロジェクトにも、多数参加しています。
今回の作品もTommyがプロデュースしているので、作品的にはTommyのカラーが強いですね。ヴォーカルは、Tommy Denannderのプロジェクトには欠かせない、フィンランドのGeir Ronning。グルーブ感あふれるギターとAOR的なサウンド、そして、ブルージーなヴォーカルが上手く噛み合っていてカッコイイ!

01 Stand Up
02 The Queen
03 That Ain't Me
04 A Love I Can't Handle
05 Come Please Me, Completely
06 I Am King
07 Longing For Someone To Hold
08 Jhon Doe
09 Love Without Reason
10 My Lonely Heart
11 I May Be Hurt, But I'm Free
12 Waiting For My Love
posted by LIZU at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | メロディアス・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

METROPOLIS/THE POWER OF THE NIGHT

METROPOLIS.jpg
[1999]
ライターとしても活躍しているカナダ人のStan Meissnerが、Kim Mitchellの作品に参加していたヴォーカリスト&ベーシストのPeter Fredetteと組んだプロジェクト。大御所「MTM」らしい洗練されたメロディアスなハード・ポップといった感じ。中には、同じカナダ人であるDavid Foster的なバラードや、キーボードが前に出たアップ・テンポなナンバーもあり、メロディアスなハーモニーも爽快なアルバムです。

01 Wild And Blue
02 The Darkest Side Of The Night
03 Never Look Back
04 Walk Through The Fire
05 Restless Moon
06 A Million Miles Away
07 Whatever It Is
08 The Eyes Of Love
09 The Best Is Good Enough
10 Running After A Dream
11 The Power Of The Night
posted by LIZU at 10:51| Comment(2) | TrackBack(0) | メロディアス・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MYSTERELL/SENSATIONAL

MYSTERELL.jpg
[2004]デンマークの《PANGEA》のギタリスト&ヴォーカリスト、Torben Lysholmのソロ・プロジェクト。ポップかつキャッチーな楽曲の他に、メロウでジャージーな雰囲気の楽曲があったりと、バラエティに富んだ内容です。煌びやかな楽曲にTorbenの躍動感あふれるギター・ソロもしっかり聴けます。異質とも言えるバラード曲は、アコースティックなギターに乗せて、実にムーディーで歌の上手さが光りますね。洗練されたロック・サウンドが聴ける素晴らしいアルバム。

01 Don't Ever Stop
02 I Belong With You
03 Why
04 When You Love
05 Bring The House Down
06 There Was You
07 Remember Me
08 Help Me Find A Way
09 Sling Shot
10 Take Me To The River
11 The Challenge
posted by LIZU at 06:31| Comment(1) | TrackBack(0) | メロディアス・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

NORTHERN LIGHT/NORTHERN LIGHT

NORTHERN LIGHT.jpg
[2005]
メロディアス・ハードの名門「MTM」から素晴らしいプロジェクト《NORTHERN LIGHT》。
ノルウェー出身のギタリスト、Tor Talleを中心とするプロジェクトで、北欧ならではの透明感あふれるサウンドに、ポップかつ叙情的なメロディを乗せたロマンティックな作品です。ヴォーカル陣も豪華で、TOTO、《TRILLION》のFergie Frederiksen、SHYのTony Mills、URBAN TALEのKimmo Blom、《GRAND ILLUSION》のPeter Sundell、《FINAL FRONTIER》のRob Moratti、《LAST AUTUMN'S DREAM》のMikael Erlandsson、《AFTER EIGHT》のPersa。STREET TALKのFredrik Berghも参加しています。私としてはTony Millsの歌が聴けるだけでも幸せなんですけどね。メロディアス・ハード・ファンには、たまらない、心地良いサウンドです。
ボーナス・トラックの13曲目、良い曲です♪

01 I Will Follow You-Peter Sundell
02 Don't Turn Away-Peter Sundell
03 While There Still Time-Tony Mills
04 Still My Hero-Kimmo Blom
05 When I Close My Eyes-Tony Mills
06 Rain Of Tears-Persa
07 Eye To Eye-Fergie Frederiksen
08 High Above The Sky-Rob Moratti
09 Lay Down Your Defences-Kimmo Blom
10 Living On A Lie-Peter Sundell
11 The Story Lives On-Mikael Erlandsson
12 Wherever You Go-Persa
13 Always Be The One-Persa
posted by LIZU at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | メロディアス・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

HEARTBREAK RADIO/HEARTBREAK RADIO

HEARTBREAK RADIO.jpg
[2005]
今週はTommy Denander続きだなと思いながら、またまたご紹介する1枚。
Tommy denanderとT'bellのPatrik Tibellが参加したプロジェクト《HEARTBREAK RADIO》。ヴォーカルはPRISONERにも参加していたPierre Wensbergと、《LAST AUTUMN'S DREAM》のMikael Erlandsson。カー・ステレオからONAIRされているようなポップでメロディアスな内容のアルバムです。ジャケットにもあるように、Tommy denanderのギターが電光石火的なカッコ良さ!。Mikaelのアコーステックな曲に乗せて唄われるバラード曲はブルージーで素敵です。

01 Heartbreak Radio
02 Hard Rock City-Mikael Erlandsson
03 Now You're Gone-Pierre Wensberg
04 Rockin' The Night-Pierre Wensberg
05 Let Me Have My Heart Again-Mikael Erlandsson
06 Don't Look In Her Eyes-Pierre Wensberg
07 Only You-Pierre Wensberg
08 Knockin' On Hells Door-Mikael Erlandsson
09 Love Don't Live Here No More-Pierre Wensberg
10 Dreamworld-Pierre Wensberg
11 Just 4 Love-Pierre Wensberg
12 The Way Of The World-Pierre Wensberg
posted by LIZU at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | メロディアス・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

PRISONER/U

PRISONERU.jpg
[2001]
Tommy Denanderのプロジェクト《PRISONER》の2nd。
彼の関わったアルバムって、本当にメロディアスでカッコイイ。前作と同様、キーボードのRicky B Delinとのプロデュース。ヴォーカルは、Tommy Denanderも関わっているHeartbreak Radioにも参加しているPierre Wensbergと、TALK OF THE TOWNRADIOACTIVE《RAINMAKER》等でTommy Denanderのプロジェクトには欠かせないシンガーGeir Ronningの二人が参加しています。泣きメロ&タイト&美旋律なハード・ポップで素晴らしい楽曲揃い。

01 Dead-end
02 Jasmine
03 Hold On
04 One Way
05 Return My Heart
06 Prisoners
07 One Step Closer
08 I Am Right Here
09 Standing on the outside
10 You DriveMe Crazy
*Ltd Ed Version Bonus Tracks
11 Just to think
12 Woke Up Dead[Again]
13 Susan
posted by LIZU at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | メロディアス・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

VERTIGO/2

VERTIGO 2.jpg
[2006]
TOTOの3代目ヴォーカリスト、Josepf Williamsをフューチャーした2nd。最近では、《TOTO》のニュー・アルバムや、バラードのカバー・アルバムもリリースし、AOR界では欠かせない存在ですね。前作よりもアダルトさがより加わり、円熟味を増したにも関わらず、伸びやかなヴォーカルは素晴らしい。音のくもりが気になったところが少し残念でしたが、佳曲揃いです。ゾクゾクするオープニング曲はとても好き。

01 In The Blink Of An Eye
02 All For You
03 Hold Me
04 Part Of Me
05 Holy
06 I Wanna Live Forever
07 Save It All For Me
08 Picking Up The Pieces
09 Together
10 There's A Reason
posted by LIZU at 15:03| Comment(1) | TrackBack(0) | メロディアス・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

DEACON STREET PROJECT/DEACON STREET U

deacon street U.jpg
[2006]
メロディアスなギターとソング・ライティングの素晴らしいTommy DenanderのプロジェクトDEACON STREET PROJECTの2nd。ヴォーカルには、Stan Bushを始め、SAYITPRISONERGeir Ronning、《GRAND ILLUSION》のPeter Sundell、TALK OF THE TOWNのThomas Vikstromが参加しています。ポップ&メロディアスなナンバーで、ギタリストのSteve MorseやReb Beach、Bruce Gaitsch、Christopher Crossなどと交互に弾きながらの楽曲も聴き所のひとつです。

01 Beautiful Chardaine-Peter Sundell
02 LeAnn-Thomas Vikstrom
03 When love is on the line-Johan Fahlberg
04 Save me-Andreas Novak
05 I Give This Promise-Chris Antblad
06 Now We Cry For You-Stan Bush
07 Second Comings-Andreas Novak
08 (Kill us)On Another Day-Thomas Vikstrom
09 The Promise Of Forever-Chris Antblad
10 Misery-Andreas Novak
11 Action-Thomas Vikstrom
12 Easy As It Seems-Geir Ronning
13 Them Change-Tommy Denander
14 Jason-All Star
posted by LIZU at 13:06| Comment(1) | TrackBack(0) | メロディアス・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

RADIO ACTIVE/TAKEN

radio active.jpg
[2005]
AOR、メロディアス・ハードで活躍中のギタリスト&プロデューサー、Tommy Denanderのプロジェクト《RADIO ACTIVE》の3rd作。故《Jeff Porcaro》の貴重な音源を始め、TOTOメンバーであるSteve LikatherBobby Kimballや《Neal Schon》、Robin Beck、《Michael Landau》等が参加。バンド形式ではなく複数のシンガーを立てています。とにかく彼の人脈の多さから成し得たゲスト陣の豪華さに驚きます。AOR志向のメロディアス・ロック。

01 C.O.W-Tommy Denander
02 Taken-Bobby Kimball
03 Stronger Than Yesterday-Andreas Carlsson
04 Premonition-Fergie Frederiksen
05 Easy's Gettin' Harder-Robin Beck
06 This I Promise You-Mikael Erlandsson
07 Carry On-Mikael Erlandsson/Kelly Keagy
08 Shattered-Philip Bardowell
09 Forgivnass-Christian Ingebrigtsen
10 Love Is On Your Mind-Thomas Vikstrom
11 Sinner-Johan Fahlberg
12 Hit Her Where It Hurts-Gary Barden
13 Never Gonna Let Her Go-All Stars
posted by LIZU at 14:06| Comment(1) | TrackBack(0) | メロディアス・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

STREET TALK/X

street talk.jpg
[2005]
北欧メロディアス・ハードを代表する《STREET TALK》の新作。中心人物である《Fredrik Bergh》の完成度の高いメロディ・センスと、ヴォーカルの《Goran Edman》の素晴らしい歌声との合作は、清涼感あふれる美しいメロディそのもの。ポップでリラックスしたサウンドはAOR的要素を持っています。バックを支えるギターの《Sven Larsson》と、ドラムの《Christian Johansson》、ベースの《Bjorn Lodmark》は決して派手なプレイをするわけではないのですが、個々の優れたテクニックと豊かなフィーリング《STREET TALK》サウンドには欠かせませんね。北欧の爽やかなサウンドを堪能出来る1枚です。

01 Responsible
02 Don't Believe
03 If I Could
04 At The End Of The Day
05 Family Business
06 Just A Little Appetizer
07 Something's Gotta Give
08 Groundhog Day
09 Sniper
10 Oh Maddy
11 Brother Sun And Sister Moon
12 Astray(Remix)
13 Made For Paradise(Remix)

posted by LIZU at 09:07| Comment(2) | TrackBack(0) | メロディアス・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。